ご相談・ご予約はお気軽にLINEから

「人は見た目が9割」みたいな概念は嫌いだけど、見た目をととのえることで生まれる変化は確実にある

日本って、人の見た目に関する評価がとてもえぐいというか、ルッキズム(外見至上主義)にとらわれてしまう人が多い印象です。

海外のSNSの投稿を見てると、わりとふくよかな女性が肌を露出してる笑顔の写真なんかがあって、コメントも肯定的なものが多いんですよね。わたしは着たいものを着てるし、かわいいって思ってるの!みたいなのが伝わるというか。

でも日本の若者のSNSは、痩せてて、目が大きくて……みたいなのが一定数「かわいい」と評価されているので、みんなそれに近づこうとしたり、あかんと思う部分はスタンプで隠したりする。

ほんまは、どんな見た目でも、自分って最高ー!ってなれれば素敵なんですけど、文化の違いもあるしなかなか難しいですよね。

男性でも、最近はスキンケアをすることがわりと当たり前になっているし、脱毛だとか、お化粧だとか、美意識の高まりを感じます。

ちょっと年配の方はそれを見て「男のくせにナヨナヨしてる」とか「男らしくない」みたいなテンプレのような時代錯誤感をまきちらしますが、もうそのぐらい時代は変わったし、それぞれの時代に応じた価値基準があるのだと思う。

ところでRISA鍼灸院は、性機能障害を治療する。というコンセプトを掲げてるのですが、それと同じぐらい大切なのが、「自分を好きになる人を増やしたい」ってことなんです。

「自分に自信がない」
「自分は今のままではダメだと思う」
「変わりたい」
「自分の性格があまり好きではない」

こういう訴えをされる方は一定数おられます。もちろん、変わりたい、ってのは前向きなことでもあるし、上記のどの意見も否定する気は一切ないのですが、

今もうすでに自分がもっている素敵な部分に気づく

ということと、

体をととのえることで、かわいくて素直な自分を取り戻す

という2本柱で、鍼灸師としてかかわっていきたいなって思うのです。

うちがやってる

ライトコース(性機能以外のお悩み全般)

スタンダードコース(性機能や泌尿器のお悩み)

増毛コース(薄毛や脱毛のお悩み)

美容はりコース(お顔や見た目のお悩み)

は、そのどれもが、受けた方の魅力を底上げできる施術メニューだと思っています。

鍼灸施術が終わって鏡をみたとき、

「あれ?なんか自分いいかんじかも」

って思えるの、めちゃうれしくないですか。

鍼灸施術に通ううちに、自分のことがわかってきて、自分をそのまま受けとめられるようになってきて、自分のことをちょっと好きになってくる。

そしたら、周りの人間とのかかわり方も変わってくるし、自信をもってコミュニケーションがとれるようになる。

皮膚への鍼灸刺激は、
見た目を変え、
その人の精神性を変え、
生き方を変えます。

自分いいかんじやなって、思えたら、
毎日生きるのがちょっと楽しくなりますよね。

そういえば過去に、こんな口コミをいただいたこともありました。

“わたしは美容鍼で通い出して1年以上たちますが、肌の調子も良くなり、悩みのタネだった下痢と頭痛がなくなり、気持ちが明るく前向きになりました。今の自分がとっても大好きになりました。”

体の不調がなくなることで、気持ちが前向きになって、自分のことが好きになる。これ、わたしがものすごく理想としてる状態です。

性のことで悩んでいる人も
つきつめると、人間関係やパートナーシップのお悩みにぶちあったりするのですが

魅力いっぱいの自分でその問題に臨むほうが、解決に近づきそうですよね😊✨

性機能を改善させたい人も、
今から彼氏/彼女をさがしたい!
恋活(婚活)したい!って人も

RISA鍼灸院で魅力さがししちゃいましょう。

自分にはどのコースが合ってるんやろう?ってのは、もちろんわたしからも提案させていただきますのでご安心くださいね。

うつわ(外の形や見た目)を変えると
中身も変わる。

だから身体と心って面白いんですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる